床下空間利用で付加価値UP

基礎断熱と一体打ちで床下空間の有効活用が可能に

一般的な床下断熱の場合は、床下空間は断熱で守られた居住空間の外側という扱いであり、その空間はデッドスペースになります。基礎断熱の場合は、床下空間はしっかり断熱されているため温熱環境は居住空間(部屋)と同じになり、大容量の収納空間等として有効活用が可能になります。これが出来るのは、基礎の外断熱で温熱環境を保っていることと、一体打ちで浸水等の床下トラブルが起きにくい品質をつくれるからです。

image

■床下利用のイメージ平面図

image

■床下利用のイメージ立面図

image