断熱材でできた基礎型枠“タイト・モールド”

image

タイト・モールドは断熱材でできた基礎型枠です。従来の鋼製型枠と違い、コンクリート打設後の型枠の取り外しが必要ありません。
本工法を採用すれば、基礎工事と同時に基礎断熱も施工完了し、一体打ちの高品質のベタ基礎を素早く精度高くつくることができます。

image

ベタ基礎のコンクリートを断熱材で丸ごと包み込み、蓄熱材として有効活用する基礎断熱を実現

住宅の基礎は外気の影響を受け続ける過酷な環境にあります。一般的な床断熱や基礎の内側だけの断熱施工では、冷気がそのまま基礎の外側からコンクリートを冷却し、居室内の床は想定以上に冷えてしまいます。基礎を外側から断熱することで、外部の厳しい環境からまもります。かつコンクリートを蓄熱体として自然エネルギーの有効活用ができるパッシブデザインの家づくりをサポートします。

鋼製型枠では難しい浮かし型枠を簡単に実現

発泡スチロール素材のため非常に軽くて扱いやすく、誰にでも簡単に精度の高い浮かし型枠が施工できます。
image

コンクリートの一体打ちで基礎の強度を大幅UP

浮かし型枠が簡単にできるため耐圧盤と立ち上がりコンクリートを同時に施工する、一体打ちが可能になります。
image

型枠の強度を向上させる鋼製金物

発泡スチロール素材に埋め込まれた鋼製金物が型枠の強度を向上させ、コンクリート打設時のバイブレーターやコンクリ圧にも耐えられる特殊構造になっています。
image